ブログアーカイブ

いつものかんばんをリーンかんばんに進化させる方法

Kanbanboards by Marcus Hammarberg

ソフトウェア開発において、Todo、Doing、Doneを貼りつけた、シンプルな「かんばん」を使っている人は多いと思います。ただ、「リーンなかんばん」を使っている人は、まだまだ少ないでしょう。ここでいう「リーンなかんばん」とは、Kanbanという方法論で使われるツールです。

タグ:
カテゴリー: 記事

XP祭り資料公開 『Kanban in Wonderland』 #xpjug #リーン開発の現場

XP祭り2013で『かんばん in Wonderland』を、@papandaと@daipresentsで発表させていただきました。いろんなところで「アジャイル知ってる人?」とかアンケートしてみても「Kanban」の認知度は低いようなので、「はじめてのKanban」みたいな内容にまとめています。

タグ: ,
カテゴリー: 記事

皇居東御苑もかんばんシステムになっている?

『Kanban – Successful Evolutonary Change for Your Technology Business』(以下、かんばん本)には、著者のDavid氏が東京を訪れた時のエピソードが書かれています。David氏は皇居東御苑でもかんばんシステムが使われていることに気がつきました。

タグ:
カテゴリー: 記事

「塹壕より、かんばんとリーン」デブサミ関西2013 #kansumiA5

塹壕より、かんばんとリーン

9/20(金)に開催されるDevelopers Summit 2013 Kansai Action!で「塹壕より、かんばんとリーン」という発表をさせていただくことになりましたので宣伝です。デブサミは2012年に出場したことがあるのですが、今回の舞台は神戸。関西方面のアジャイルコミュニティの方々は情熱的でユーモアにあふれているので、とても楽しみです。

タグ: , ,
カテゴリー: 記事

「かんばん」というソフトウェア開発方法論が誕生するまでの物語

かんばん(Kanban)という方法論が誕生するまでの経緯が、『Kanban – Successful Evolutonary Change for Your Technology Business』(以下、Kanban本)に書かれていたので、ななめ読みですがご紹介です。

タグ:
カテゴリー: 記事

トヨタのかんばんとソフトウェア開発のかんばんの違い

翻訳する上で、「かんばん」についていろいろ調べる機会がありました。「かんばん」について調べてみると、トヨタにおける「かんばん」と、ソフトウェア開発方法論としての「Kanban」が見つかります。今回はこの「かんばんたち」の違いについて整理してみたいと思います。

タグ:
カテゴリー: 記事
アーカイブ